あなたとペットを守る防災対策情報サイト

愛するペットの為に!自分で出来るペット防災

避難する際の持ち物

あらかじめ準備しておこう

ペット専用の防災グッズとは、果たして何を用意すればよいのでしょうか。
まず大切なのは普段ペットが食べているペットフードでしょう。ドライフードは保管がしやすいなどのメリットがあり、ウェットフードは水分が取れないときなどに水分補給としても役に立ちます。また、おやつなどがあればストレスを感じやすいときにも安心感を与えることができます。
他には水分補給などに使える水や、便処理用の袋、キャリーケースやゲージ、予備のリードや首輪なども必要になってきます。また、迷子になってしまったときのために自分のペットの写真や、飼い主が明確にわかる鑑札や迷子札などを用意しておくとより安心かもしれません。
ドックフードやキャリーケース、便処理用の袋、首輪などは、すぐに持ち出せるようなわかりやすいところに置いておくと、いざというときに便利です。

準備を怠ると起こる問題

事前に準備をしておくといいとはわかっていても「今はまだ大丈夫」と準備を先延ばしにしてしまいがちです。思い当たる人も多いのではないでしょうか。
事前の準備を怠ってしまうと、様々な問題が発生してしまいます。
例えば、避難した先で普段から食べ慣れているペットフードを購入することができず、間に合わせのものを食べてもらえずペットが痩せてしまう可能性があります。
また、一緒に避難所に逃げたとしても常にずっとそばに居られるわけではなく外に預けなければならなかったり、それを避けるために避難所から車中泊を選んでもトイレをさせる場所がどこにもなく粗相をしたときその処理に困ってしまうことも考えられます。
更には、リードや首輪がなかったせいで災害時にペットが逃げ出してしまい、それ以降周囲を探し回るが見つからないという事態にまで陥ってしまいます。
これらを防ぐためにも、余裕があるうちに準備を整えておく必要があるのです。


この記事をシェアする